DOG

かたちが語るとき-ポストバブルの日本建築家たち-展 When Form Speaks: New Architectural Movements in Japan

QLPF@FRAC_I8A0772_©ADAN_Photo_Nicolas Brasseur

8.5ハウスと東京大地の長屋の2つのプロジェクトをフランス、オルレアンのFRACサントル・ヴァル・ド・ロワールに出展しました。ポストバブルの建築家35組による展覧会で、かたちが語るときというテーマを元に、バブル期の建築とは異なる「新しいかたち」の生み出し方を展示しています。

作  品:8.5ハウス+東京大地の長屋
展示場所:FRACサントル・ヴァル・ド・ロワール(フランス、オルレアン)
展示期間:2020年10月16日(金)~3月7日(日)
写  真:Nicolas Brasseur
主  催:日本建築設計学会

[[ENGLISH]]We exhibited two projects, 8.5 House and tenement house in Tokyo, at the Frac Centre-Val de Loire in Orleans, France. This is an exhibition by 35 post-bubble architects, showing how to create a “new form” that is different from the architecture of the bubble era, based on the theme of when the form speaks.

Work:8.5 House and tenement house in Tokyo
Location:Frac Centre-Val de Loire in Orleans, France
Exhibition period:16/10/2020~07/03/2021
Photographer:Nicolas Brasseur
Organizer:ADAN

QLPF@FRAC_I8A0861_saito_©ADAN_Photo_Nicolas BrasseurQLPF@FRAC_I8A0839_saito_©ADAN_Photo_Nicolas BrasseurQLPF@FRAC_I8A0738_©ADAN_Photo_Nicolas BrasseurQLPF@FRAC_I8A0736_©ADAN_Photo_Nicolas Brasseur

かたちが語るとき-ポストバブルの日本建築家たち-展に出展します。

[[ENGLISH]]We will exhibit at “When Form Speaks: New Architectural Movements in Japan (1995–2020)”.

katachi

2020 / かたちが語るとき展 2020 / When Form Speaks: New Architectural Movements in Japan
DOG
2020 / かたちが語るとき展 2020 / When Form Speaks: New Architectural Movements in Japan
/ EN
MENU