神戸ビエンナーレ2009 Kobe Biennale 2009

festival_05

港町神戸、船の発着・往来に歓喜の声とともに紙吹雪が舞います。コンテナという限られた空間の中でそのダイナミックな風景をつくり出せないか。紙は一枚一枚を三角形とし、色は白を75%、色紙を25%とすることで理想的な「Festival」を表現しました。

作  品:Festival
展示期間:2009年10月3日~2009年11月23日
展示場所:神戸メリケンパーク
施  工:齋藤隆太郎+東京理科大学生有志
写  真:齋藤隆太郎

【Award】神戸ビエンナーレ2009アートインコンテナ国際コンペティション 入賞
【Publication】美術手帖10月号増刊 / 2009

[[ENGLISH]]Confetti dances with delight at the arrivals and departures of vessels in Kobe, a port city. Isn’t it possible to create that dynamic landscape in the limited space of the container? Each piece of paper has a triangular shape, and the color is 75% white and 25% colored paper to express the ideal “Festival”.

Work:Festival
Exhibition period:03/10/2009~23/11/2009
Location:Kobe Meriken park
Builder:Ryutaro Saito + Student of Tokyo University of Science
Photoprapher:Ryutaro Saito

【Award】Art in container international competition in Kobe Biennale 2009 ”fine work”
【Publication】Bizyutsu Techo Oct / 2009

festival_08festival_07festival awardfestival_06

2009 / 神戸ビエンナーレ 2009 / Kobe Biennale