DOG

ID学園高等学校東京本部校 ID Gakuen high school in Tokyo

ID_high_school001_S

東京都千代田区のビルテナントに入るID学園高等学校本部校の、3階教室フロアの改修計画です。限られた空間の中で、生徒が「居たくなる」場所として、2つのコンセプトを設定しました。1つは「様々な交流を生む廊下」で、教室周りにあえて長い廊下を沿わせることで、通過や勉強、談笑、参観等、教室を様々なアクティビティが取り囲みます。2つめは「多様な使われ方のする教室」で、既存梁型を利用したスライディングウォールによる2教室化や、両サイドの木製引き戸を開け放つことで、教室と廊下がつながり、テナント全体を一体的に有効活用することができます。そして教室と廊下の空間イメージを対比的にすることで、授業と非授業の境界を視覚化する試みとしています。

用  途:学校 / 改修
敷  地:東京都千代田区神田三崎町
設計期間:2021年2月~2021年6月
工  期:2021年7月~2021年8月
構造規模:RC造 / 地上3階(テナント部分)
延床面積:182.76㎡(テナント部分)
施  工:ルーヴィス
写  真:中山保寛

[[ENGLISH]]This is a renovation project for the third floor classrooms of ID Gakuen High School in a tenant building in Chiyoda-ku, Tokyo. Within the limited space, we set two concepts to create a place where students would want to stay. The first is a “corridor for various interactions”, where a long corridor around the classrooms will be used for various activities such as passing, studying, chatting and visiting, etc. The second is a “classroom for various uses”, where a sliding wall using the existing beams will create two classrooms, and wooden sliding doors on both sides can be opened to connect the classrooms and the corridor. By contrasting the spatial images of the classroom and the corridor, we attempt to visualize the boundary between the classroom and the non-classroom.

Type:School / Renovation
Location:Kandamisakicho Chiyoda-ku Tokyo Japan
Design period:02/2021~06/2021
Construction period:07/2021~08/2021
Structure / Number of Floors:RC / 3F(tenant part)
Total floor area:182.76sqm(tenant part)
Builder:ROOVICE
Photographer:Yasuhiro Nakayama

2021_ID学園高等学校東京本部校 2021_ID Gakuen high school in Tokyo